« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

今井先生との共演

001 002

11月16日(月)、ヴィオラの今井信子先生と、銀座の十字屋ホールにて共演させていただきました。ありがとうございました。

プログラムは、シューベルトの歌曲から、「音楽に寄せて」「セレナーデ」「道しるべ」「春の夢」の4曲と、ブラームスのヴィオラソナタ第1番。アンコールに、浜辺の歌。シューベルトは、今井先生のご提案で、急遽1曲1曲、マダム中村様の詩の朗読の後に演奏、素敵な時間でした。

今井先生とは、小樽でのヴィオラマスタークラスで公式伴奏ピアニストを務めてから、何度かご一緒させていただいていますが、その度に、本当に勉強になります。心よりの光栄でかつ、幸せな時間です。先生の、音楽への愛情、情熱、好奇心、チャレンジ心、深い解釈・・・、音や演奏からだけでなく、先生ご自身から、楽器を持っていなくてもあふれています。全身で音楽に生きている。お会いするだけで、そのパワーに惹きつけられます。

「この子の音楽はねー自然なのよ~」

数年前にさらっと私に言ってくださった言葉ですが、私の道しるべのひとつとなっています。自然であること。私の目指す、目標です・・・。今井先生のように、いつもエネルギッシュに音楽とともに生きていきたい!!shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ハムレット!終了・・・

Pb150162_sp0000

怒涛の4日間、全6回公演を終えました。ありがとうございました。

役者さん、スタッフの方々、本当にお疲れ様でした!大変お世話になりました。心より感謝いたしておりますshine

クラシックのコンサートやリサイタルとは全く違う、演劇とのコラボレーション、連続の舞台は、私にとって素晴らしい経験となりました。そして、学生の皆さんから、熱意とエネルギーをたくさんもらうことができ、とても楽しい毎日でした。ひと公演3時間、体力や色々な面でどうなることかと思いましたが、終わってしまうと、あっという間で、少しさみしいです・・・。

来年は「夏の夜の夢」を上演するそうです。楽しみ♪wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

ハムレット!Part 2

なんともう11月!!日本へ帰ってきてから、もうすぐ1年になろうとしています。時の立つ早さ、これほどまでに感じたことはないくらい、”あ!”っと言う間もなかったような気がしています。

Hamlet

さて、明大「ハムレット」公演まであと約1週間!!→http://hamlet.bunpro.jp/

連日お稽古に参加して、音と演技の合わせをしていますnotes

Photo

1200人収容(!)の<明治大学駿河台校舎アカデミーホール>(御茶ノ水)は、音楽のためのホールというよりは、いわゆる大学の講堂の雰囲気です。各客席には折り畳み式机がついています。でも、超高層ビルの入り口からロビーへ、素晴らしいステージです♪そしてピアノは立派なスタインウェイのグランド!使用する機会が少なく、大切に大切にしまわれていたようで、新品!!の音がします。良い音が出ますように・・・いつも祈りながら鍵盤に触れています。

役者さんたちの気合いもドンドン上がってきています。

この公演のみどころ、それは台詞や演出だけでなく、その公演によって役者が男女入れ替わること!つまり、男ハムレットと、女ハムレットがいるのです。他の登場人物、ハムレットと恋に落ちるオフィーリアや、ハムレットの母である王妃ガートルードを男の役者が演じたりします。

・・・面白いっっっ。違う役者でのパターンを連続で観ていただいても飽きることはありません!

シェイクスピアの「ハムレット」と聞けば、堅苦しく、難しそう・・・と思われる方、ぜひこの公演にいらしてください。映画でも観に行く気分で♪誰にでもわかりやすく、楽しめると思います!!それでいて、内容、あらすじは決して原文からはずれていないのです。

そして、ときどき入る音楽の効果も、演劇を楽しみながら感じていただけたら・・・・confident

入場無料です!!だいぶ席も埋まってきているようです・・・きっとたくさんのエネルギーをもらえると思いますthunderより多くの方へ、お誘い合わせの上、ぜひ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »