« 満員御礼!! | トップページ | 初岡山・・・くらしきでのコンサート »

2010年3月29日 (月)

ショパンのチェロソナタ

Chopin

ムズカシイ・・・・・・。

ショパンといえば俗にピアノの詩人と言われますが、この曲は特殊なように感じます。ショパンはピアノ以外にチェロを大変愛しており、生涯にたった4曲だけ作られた室内楽曲のうち、3曲がチェロとのデュオです。39歳で亡くなるショパンですが、この曲は35~36歳のときに書かれました。サンドと別れ、パリに戻ってから・・・。親友のチェリスト、フランショムに贈られています。

チェロ独奏とピアノ伴奏、あるいはピアノパートのみにおいても、旋律と伴奏にとどまることがありません。対位法やカノン、絶妙な転調、和声の重厚感と変化、あらゆるものが、とても複雑かつ繊細に書かれています。もちろん超絶技巧・・・・ショパン自身、公開演奏会では第1楽章を省略したとか!

今井先生のヴィオラの響きとともに、美しい美術館で演奏(4月1日)させていただけるなんて、なんて光栄でしょう・・・!

素敵な曲。そう思っていただけるよう、精一杯勉強します!notes

|

« 満員御礼!! | トップページ | 初岡山・・・くらしきでのコンサート »

作曲家や作品について」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237558/33984974

この記事へのトラックバック一覧です: ショパンのチェロソナタ:

« 満員御礼!! | トップページ | 初岡山・・・くらしきでのコンサート »