« ショパンのチェロソナタ | トップページ | 新曲実音審査 »

2010年4月 4日 (日)

初岡山・・・くらしきでのコンサート

201004021508001

終了しました。ご来聴ありがとうございました。

http://www.kuracon.jp/cgi-bin/alacarte/out.cgi?id=20100402150800

会場となった場所は、大原美術館のギャラリー。そのままに飾られたモネや、ゴーギャンの素晴らしい絵に囲まれて、今井先生の素敵な音色とともに、1902年のBECHSCHTEINを弾かせていただきました。

からっぽの状態でリハーサルをしたときは、お風呂場のように残響があり、自分の音が全く聴こえず、どうなることかと思いましたが、お客様でいっぱいになった本番は全く響きが違い、音楽を味わいながら弾くことができました。250人以上のお客様、皆さんが静かに暖かく聴いてくださり、会場が”ひとつ”になっている・・・そんな幸せな空間を感じることができました。ただ・・・ピアノのペダルとダンパーが、湿気等で調子が狂ってしまったのか、本番になって、音を切りたいところで残ってしまったり、のばしたいところで切れてしまったり。古いピアノの調整はとても大変です。演奏者として、その場で冷静にすぐに対応できるように勉強しなければなりません・・・sweat02そして!難しいショパンのチェロソナタ。演奏後、しばらく汗と息切れが止まりませんでしたdashでも、本当に素敵な曲です!!そう思っていただけていたら幸せですconfident

今井先生、大原さん、藤本さん、関係者の皆々様、大変お世話になりまして、ありがとうございました!心より御礼申し上げます。

Dscf00241

4月2日午前中、大原美術館やくらしきの街を少し散策しました。情緒あふれる素敵な空間に、東京での慌ただしさを忘れ、短い時間ながらゆったりした気分になることができました。

さてさて、もう新年度がスタートですね。月日のたつのは本当に早いsweat01

|

« ショパンのチェロソナタ | トップページ | 新曲実音審査 »

コンサート関連」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショパンのチェロソナタ | トップページ | 新曲実音審査 »