« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月30日 (月)

VIOLASPACE 2011

110525_190233

VIOLA SPACE2011東京公演、無事に終了いたしました。なんと20周年。素晴らしい夢の時間が終わってしまい、なんだかさみしいです。

関係者の皆々様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。雨の中ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!confident

毎年思うことですが、今回は記念の回であることもあり、いつも以上に素晴らしかったように思います。最終日メンバー全員によるヴィオラオーケストラでのテレマンは、なんとも感慨深いものでした。終演後、関係者による打ち上げでの今井信子先生の言葉は、心に響きました。このような素敵なイベントに、わずかでも関わることができ、本当に私は幸せ者です(24・25日の公開マスタークラスで選ばれた2人の受講生と、ライジング・アーティストコンサートに出演させていただきました)。

来年は東京国際ヴィオラコンクールの第2回。また公式ピアニストを務めさせていただく予定です。また、その前にも、今井先生の小樽でのマスタークラスもお手伝いさせていただきます。体調を整え、全力で向かいたいと思いますshine

(写真は25日、紀尾井ホールでのテレマンのリハーサル後、中心に今井先生。そうそうたる面々。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

復帰?第一弾

110503_171324

LA FOLLE JOURNEE AU JAPON 2011、無事終了いたしましたnote

しばらく療養のため演奏活動はお休みさせていただいておりましたが、やっとピアノを弾きたい、音楽を届けたいという気持ちになっていたところにお話しをいただき、心を込めて演奏いたしました。3日は残念ながら雨の中でしたが、たくさんのお客様に足を止めていただきまして、とても嬉しく思っております。ありがとうございました。

共演させていただいたVeit Hertenstein(ファイト・ヘルテンシュタイン)さん、関係者の方々、大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

彼とは、第1回東京国際ヴィオラコンクールの2次で一緒に弾かせていただいて以来でした。このコンサートで自ら私を推薦してくださったそうです。とても光栄に思っております。

演奏後、声をかけてくださったお客様の中に、被災地にもどうか「浜辺の歌(アンコール)」を届けてあげてくださいと涙を流す方がいらっしゃいました。東北は本当に悲惨な状況ですが、一刻も早い復活への祈りを込めて演奏させていただきました。

音楽が持つ力を信じ、できることをひとつひとつやっていこうと思っております。

まだ完全復帰とは参りませんが、徐々に演奏も増やしていく予定でおります。どうぞご指導ご鞭撻くださいますよう、今後ともよろしくお願いいたします!

(写真はリハーサル室のピアノ。白鍵の奥に音名(ABC...)がドイツ語で書かれており、とても古いものでしたnotes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »