« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月26日 (火)

PTNAin佐賀

Hangi_hall_gaikan
6月24日に、ピティナ・ピアノコンペティション・佐賀地区予選で審査をさせて頂きました。支部の皆様、大変お世話になりました。心より御礼申し上げます!(写真は会場のはんぎーホール)

ご一緒させて頂きました審査員長・長岡秀美先生、嶋田幸子先生、羽田野英子先生、山下泰夫先生、ありがとうございましたconfident

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。元気に演奏してくれて、ありがとうございましたnote今回の結果に関わらず、どうか、次の機会に向け、ますます頑張ってほしい!と心から願っておりますshine

Img_0357_2
写真は、博多から佐賀までの区間で乗った「かもめ」。普通の指定席でしたが、なんと椅子が全席革張り!!インテリアも豪華でなんともぜいたくな列車でした。あまりに感動したのでパチリcamera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

台風一過。

Ajisai_001

台風に負けず、美しく咲いている紫陽花。昨夜は大変な風でしたねrain

今日は病院へ定期健診に出かけました。異常なし!「自信をもって頑張りなさい!」とお世話になっている医師の先生に言って頂きました。心強い先生に診て頂けているのも、奇跡的な出来事と出会いから。

全てに感謝して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

徒然。

ヴィオラスペースが終わり、一息つく間もなく、次の準備とレッスン等、いつもどおりの生活に戻りました。音楽にあふれた生活ができる事は、本当に幸せで、どんなに恵まれている事か。

感謝する事を忘れず、精進したいと思う今日この頃です。

Beethoven1

芸術は長く、生命は短いというが、

長いのは生命だけで、芸術は短い。

by Beethoven

(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 1770~1827)

練習に追われる毎日でふと考えることがあります。曲の中で、たったひとつの音は、一瞬のうちに過ぎてしまいますが、演奏者はその一音に命をかけ、何時間も何日も練習をします。その努力を積み重ねていくことで、きっと美しく、素晴らしい瞬間が生まれると信じていますshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

怒涛の10日間。

Img_03161_2

第2回東京国際ヴィオラコンクール、無事に終了いたしました。ヴィオラスペース公演は大阪、名古屋とまだ続いておりますが、昨日で東京公演は終了。ご来聴ありがとうございましたnote

テレビマンユニオンの皆様、紀尾井ホールの皆様に心より御礼申し上げます。

ピアニストは、今回4人で務めさせて頂きましたが、とても雰囲気が良く、楽しく過ごす事ができました。フランソワ・キリアンさん、関谷由美さん、有吉亮治さん、本当にありがとうございました!confident 

本選に残った4人全員と、偶然にもそれぞれ一度ずつ一緒に演奏させて頂きました。それぞれに個性と魅力があり、出会えたことに心から感謝したいと思います。

*コンクール結果はこちら→http://tivc.jp/jpn/m2_4.html

同じ曲を、同じ空間で違うピアニストが弾き、それを聴けることは、とても勉強になります。音の響かせ方や指使い、間の取り方などなどなど。今後に生かしていきたいと思います。

わざわざお声がけくださり、ブログ見てますとおっしゃってくださった方が何人かいらっしゃいました。本当にありがとうございますsweat01

体調も少しずつ良くなってきており、このコンクールを無事に乗り切れた事は大きな自信となりました。

今後も精一杯、頑張ります!!shine

写真は、今回ホールロビーに展示された、プリムローズ氏が使っていたというヴィオラ。3億5千万円スタートでオークションにかけられるとか・・・!!どんな値段になるのでしょぅsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »