« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

モーツァルト。

Johannes_chrysostomus_wolfgangus_th

「音楽は、どんなに恐ろしい場面でも、けっして耳を汚さず、やはり楽しませてくれるもの、つまり、いつでも音楽でありつづけなければなりません。」

By Mozart

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1792)

『この言葉は父レオポルトへ向けた手紙の一節ですが、この前に、「人間は、激しく怒ったら、秩序も節度も目標もすべて踏み越えて、自分自身が分からなくなります。音楽だって、もう自分がわからなくなるはずです。でも、激情は、激しくあろうとなかろうと、けっして嫌悪を催すほどに表現されてはなりません。」とあります。音楽はけっして極端に走らず、常に聴き手を楽しませるものでなくてはいけないというモーツァルトの音楽観を感じとれます。』~音楽の名言名句事典-東京堂出版より~

来月、カワイ表参道パウゼでのAutumun Concertで、モーツァルトを弾かせて頂きます。楽しんで聴いて頂けるよう、純粋な美しい音を目指して努力したいと思います!shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

韓国でのこと2。+写真。

まだまだ暑い日が続いていますね。今日は陽射しも強烈!sun皆様体調にはくれぐれもお気をつけくださいsweat01

1

韓国で、滞在したホテルの近くに池がありました。友人となったピアニストたちと、夜中に散策したものです。気持ちの良い風が吹いていました。

Img_0624

最終日の夜に連れて行ってもらった海岸。この先に日本があると思うと、なんだか感慨深いものがありましたwave

さてさて、話は変わりまして、昨日は新しく写真を撮りに行きました。病気療養後初、久々のカメラに緊張してしまいました。見かける事がございましたら、どうぞ暖かい目でご覧くださいますようお願いいたします!笑coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

韓国でのこと。

Img_05801

連日コンサートが行われていたコンサートホール。前回の写真のメインビルの隣にあります。ディレクターである、Myung-Wha Chung氏(Cello)、Kyung-Wha Chung氏(Vl.)姉妹始め、Michelangelo String Quartett、Peter Frankl氏(Pf.)らの素晴らしい演奏が今でも記憶に鮮明に残っています。ホールの中はこのような感じ。うまく撮れていませんがsweat01

Photo

また他の写真もご紹介したいと思いますfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

帰国!

Img_0461

無事に韓国から帰国いたしました!airplane人生初の韓国は刺激がたくさんありました。

高名な演奏家の方々による連日の演奏会、マスタークラス、プライベートレッスンなど、とても充実した音楽祭でしたnote アカンパニストと呼ばれる伴奏者は、なんと11人もいましたが、日本人は私一人で初めての参加でしたので、始めはとても緊張しましたが、皆さん優しく接してくださり、助けられました(ちなみに、台湾人が一人、アメリカ人が一人、8人が韓国人でした)。

私は主にヴィオラを担当し、今井信子先生、Toby Appel氏の公開マスタークラスやレッスン、原田幸一郎氏、Todd Phillips氏(ヴァイオリン)のレッスン、3度の新人演奏会(ヴィオラ×2、チェロ×1)等に出演させて頂きました。

関係者各位に心より感謝申し上げますconfident

同じアジア人、海を越えたお隣の国ですが、人の性格、考え方、感じ方まで全く違いました。演奏でも、韓国人は良い意味でとても自己主張が強く、ものすごいエネルギーを放出しています。日本人はとても繊細で、謙虚なので、大胆な演奏が勉強になりました。

色々とご紹介したい写真はありますが、少しずつご報告したいと思います。今回の写真は事務局、音楽祭関係者の食堂、小さなホールのある、音楽祭のメインと言える建物。毎朝、ここでスケジュールを確認しておりました。

疲れをとって、またしっかりと頑張りたいと思います!sun

日本の蒸し暑さに、戻って2日でもう参っておりますが、皆様どうぞご自愛くださいshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »