« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月22日 (月)

翼を広げて!

Photo

音楽には幅広い翼がある。

By Berlioz

(エクトル・ベルリオーズ 1803~1869)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

芸術とは・・・

Img_0829

先日、打ち合わせの前に、気になっていたブリヂストン美術館の展示を観に行きました。「ドビュッシー、音楽と美術」。美術の世界、絵画や彫刻などは、音楽と同じ<芸術>です。その関連を感じさせてくれる、充実した内容でした。

もう10年程前になりますが、初めての海外、一人旅でイタリアへ行き、ボッティチェリの「春」を観たときの感動は、今でも忘れられません。なんて美しいのか、そして、なんて精密に描かれている事か。(展示とは関係ありませんがsweat01

001_6_2

キャンパスによほど近寄らない限り、見えない、数限りない筆の跡が、これでもかと重ねられていました。人に気づかれない努力と追及を、積み重ねてこそ、真の美が生まれる。その場からしばらく動けなくなり、すさまじい衝撃を受けました。

美術と音楽との大きな、確固たる違いは、目に映り留まり、いつまでも見ていられる芸術と、耳に聴こえ、すぐに消え去ってしまう儚い芸術であるという事。

ただ、どちらも、心の深いところに何かを残し、ヒントを与えてくれる、そのようなものだと思います。

音楽は、”ひと”や、”こころ”そのものだと思うのです。こころも形がありません。こんなにも複雑で、大切なのに、臓器として存在しない。

単純にはいかない、その理由ですねcoldsweats01

さてさて、最近はレッスンや生徒さんの試演会、大学院生とのリハーサル、コンサートなどで、洗足へたびたび通っています。明後日15日は、表参道のアリストホールにて、学外ジョイントコンサートがあります。ヴィオラの学生さんとご一緒しますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »