« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月25日 (月)

フォルテピアノリサイタル終了。

Photo
Image2_1024x768

23日のフォルテピアノリサイタル、無事に終了いたしました。寒い中いらしてくださいました皆様、チェロの奥泉貴圭さん、カルラホールのオーナー阿部さん、本当にありがとうございました!!感謝の気持ちでいっぱいです!!confident

素晴らしい楽器で、180年くらい前にタイムスリップしているかのような感覚でした。ベートーヴェンやシューベルトが実際に聴いていたはずの音色に、音楽が生まれた根本的な感覚のようなものや、色々な事を教えられた気がします。

ソロを演奏しているときは、楽器が次の音を教えてくれるような不思議な感覚でした。音の残響はおそらく現代ピアノの方が、ペダルを使えば長く残せるかもしれません。しかし、フォルテピアノは、全部木でできているため、楽器全体が振動し、いつまでも歌っているのを、演奏しながら感じる事ができるのです。ベートーヴェンは耳が聴こえなくなり、ピアノに耳をつけて弾いていたという説がありますが、私も試してみた事があります。本当に振動が伝わってくるのがわかりました。心からの感動でした。

シューベルトのアルペジオーネソナタを弾いているときも、、また違う不思議な気持ちでした。チェロの音色とピアノの音色が溶け合って、なんと弾きやすいことか。現代ピアノで演奏する場合は、音量でチェロを消してしまわないように、音色をなるべく合わせるように、感覚をフル回転して、最善の努力をするのですが、その必要が全くありませんでした。ただ奏でるだけで、お互いに寄り添っているかのような響きでした。

生徒さんが沢山来てくれましたが、皆の心にも少しでも残ってくれたら嬉しいです。私自身も、決してこの感覚を忘れずに、次につなげていきたいと思います!

全てが初挑戦でしたし、どうなる事か、大変な緊張でしたが、皆様の温かい空気に助けられ、無事に終える事ができました。心より御礼申し上げますshine

さて、休む時間はあまりありませんdash引き続き、精一杯頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

東京モーターショー2013

5cf14671s
Img_1820_2

11月19日、東京モーターショー2013のプレイベントにて、島田真千子さんと、震災の瓦礫で作られた「津波ヴァイオリン」で、バッハのG線上のアリアを演奏させて頂きました。お世話になりました関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

震災で苦しんでいる方々に、こういった活動を重ねていくことで、少しでも、何かお役に立つ事ができたらと願うばかりです。ヴァイオリンの背面には、震災のシンボルともされている、一本松の絵が描かれています。健康がやっと戻ってきた今、被災地にも出かけることができたらと思っております。

さて、明後日はいよいよフォルテピアノリサイタルです!皆様にお会いできますのを楽しみに、精一杯演奏いたしますconfident

先月のTime travel to 1913のレポートが載りましたので、ご高覧頂けましたら幸いです♪↓

http://kawai-kmf.com/concert-info/2013/10.28-29/10.29report/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

モーツァルト協会。

Mozart_1

今日はモーツァルト協会の、「モーツァルト―天才の秘密について考える」という中野雄先生の講義のお手伝いで、ソナタを一曲演奏させて頂きました。中野先生始め、協会の皆々様、大変お世話になりまして、ありがとうございました!confident

中野先生ご自身のご経験や、歴史を含めたお話は、大変興味深く、勉強になります。

モーツァルトの音楽は、一見(一聴?)すると、純粋そのもののようで、美しいですが、彼自身は悲痛な人生を送っており、その経験からこそ、生まれたものであるという気がします。

どの作曲家にも大変な魅力があり、演奏する度に、それぞれに傾倒してしまいますが、個性を理解して演奏できるよう、努力していきたいと思いますshine

さて、23日のフォルテピアノリサイタルのチケットまだございます!チェロも430Hzに調弦しての演奏です。お誘い合わせの上、ご来聴頂けましたら幸いですnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

ヴィオラリサイタル終了。

Img_1809

一気に冬の寒さになりましたが、お風邪など引かれていませんか。

先日、大島亮さんのヴィオラリサイタル芦屋公演、東京公演ともに終了いたしました。沢山のお客様にご来場頂きまして、ありがとうございました!大変お世話になりました、小野先生、小澤様、テレビマンユニオンの皆様に心より御礼申し上げますconfident

ブラームスのヴァイオリンソナタ全曲を昨年12月に演奏し、今回ヴィオラソナタ2曲とも演奏させて頂きましたので、次はチェロソナタかな?と勝手に思っておりますflair

さて11月は休む時間がありません。次はいよいよフォルテピアノリサイタル。その前に明日も別の本番がありますが、精一杯頑張ります!

(写真は芦屋アマックホール。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

ドビュッシーのプレリュード。

20131029

もう11月になってしまいましたが・・・sweat0110月29日「Time Travel to 1913」コンサート、無事に終了いたしました。沢山のお客様、カワイ表参道の皆様、ありがとうございました。出演の先輩方、お疲れ様でした!

何度も出演させて頂いているカワイ表参道「パウゼ」ですが、恐らく今回が一番、自分の目指す、奏でたいと思う理想の音色に近い音が出せたのではないかと思います。ドビュッシーの作品に対しては、共感する事がとても多く、想像力も豊かに働くので、私にとって、イメージを叶えやすいのかもしれません。他の色々な作品にも挑戦してみたいと思いますnotes

さて、休む間もなく、リハーサルと練習に追われております。次はヴィオラの大島亮さんのリサイタル。ブラームスの奥深く繊細な音楽の魅力を、少しでも多くお届けできますよう、頑張ります!confident

11月30日、12月18日の洗足シルバーマウンテンでのコンサートのチラシもUPいたしましたのでご高覧頂けましたら幸いです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »