« 東京モーターショー2013 | トップページ | 「ピアノ音楽の世界」終了。 »

2013年11月25日 (月)

フォルテピアノリサイタル終了。

Photo
Image2_1024x768

23日のフォルテピアノリサイタル、無事に終了いたしました。寒い中いらしてくださいました皆様、チェロの奥泉貴圭さん、カルラホールのオーナー阿部さん、本当にありがとうございました!!感謝の気持ちでいっぱいです!!confident

素晴らしい楽器で、180年くらい前にタイムスリップしているかのような感覚でした。ベートーヴェンやシューベルトが実際に聴いていたはずの音色に、音楽が生まれた根本的な感覚のようなものや、色々な事を教えられた気がします。

ソロを演奏しているときは、楽器が次の音を教えてくれるような不思議な感覚でした。音の残響はおそらく現代ピアノの方が、ペダルを使えば長く残せるかもしれません。しかし、フォルテピアノは、全部木でできているため、楽器全体が振動し、いつまでも歌っているのを、演奏しながら感じる事ができるのです。ベートーヴェンは耳が聴こえなくなり、ピアノに耳をつけて弾いていたという説がありますが、私も試してみた事があります。本当に振動が伝わってくるのがわかりました。心からの感動でした。

シューベルトのアルペジオーネソナタを弾いているときも、、また違う不思議な気持ちでした。チェロの音色とピアノの音色が溶け合って、なんと弾きやすいことか。現代ピアノで演奏する場合は、音量でチェロを消してしまわないように、音色をなるべく合わせるように、感覚をフル回転して、最善の努力をするのですが、その必要が全くありませんでした。ただ奏でるだけで、お互いに寄り添っているかのような響きでした。

生徒さんが沢山来てくれましたが、皆の心にも少しでも残ってくれたら嬉しいです。私自身も、決してこの感覚を忘れずに、次につなげていきたいと思います!

全てが初挑戦でしたし、どうなる事か、大変な緊張でしたが、皆様の温かい空気に助けられ、無事に終える事ができました。心より御礼申し上げますshine

さて、休む時間はあまりありませんdash引き続き、精一杯頑張ります!

|

« 東京モーターショー2013 | トップページ | 「ピアノ音楽の世界」終了。 »

コンサート関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237558/54054474

この記事へのトラックバック一覧です: フォルテピアノリサイタル終了。:

« 東京モーターショー2013 | トップページ | 「ピアノ音楽の世界」終了。 »