« 満員御礼<(_ _)> | トップページ | 新年度! »

2016年3月29日 (火)

近況等々・・・。

あっという間に3月もあと2日。もうすぐ新年度が始まりますね!shine

18日は、恩師小林仁先生の傘寿と瑞宝中綬章叙勲のお祝い会がありました。洗足学園に関係する門下生などを中心とした会で、故木下保氏の邸宅、代々木上原からほど近い<木下記念スタジオ>で行われました。私は、3人の先輩方と2台8手版、シューベルトの「鱒」を演奏させて頂きました。門下生と特別に招いたゲストのみでの、とても和やかな会でしたが、さすがに恩師の前での演奏は緊張感がありましたsweat01

主催くださいました先生方、ありがとうございました。そして小林先生、本当におめでとうございます!wine

20160329_064135000_ios

26日は、経堂カルラホールにて、ヨス・ファン・インマゼール氏のフォルテピアノの公開レッスンを受講、次の日にシューベルティアーデと題した非公開の演奏会(門下生の伊藤綾子さんとの連弾)を聴きました。

レッスンでは、シューベルトの即興曲1曲と、時間が余ったので、バッハの半音階的幻想曲の幻想曲の部分のみ、聴いて頂きました。印象的だったのは、「楽器が鳴ってしまうから大きすぎないように、アクセントも強すぎなくて良い」、「チェンバロでも(楽器や環境によるが)、とてもよく響いて残響が自然に長くあった。だからペダルは長めで良い」という言葉。また、フォルテピアノはとても繊細で、タッチによってハンマーが弦を叩く位置が微妙にずれてしまうので、弦が一番良く震えるよう、ハンマーを正しく上下できるようにタッチを気をつけなければならないとのことでした。

私の中に新しい風が吹き込んできたような新鮮な感覚で、とっても勉強になりました!カルラホールの阿部さん!お声がけくださり、本当にありがとうございました!!confident

20160329_065647000_ios

レッスンを受講した後、小中の一時期在籍し、ステージも踏んだミュージカル団の公演を観に行きました。大変お世話になった芸術監督は当時と変わらず、演出も子供たちへの愛にあふれていました。私もここにいたんだなぁと懐かしく、嬉しく思い出していました。ダンス、歌、発声などなど、ここでの経験は本当に得難いものでした。感謝するばかりですclover

20160329_063931000_ios

少し戻って17日は、東京春音楽祭にて、リッカルド・ムーティ氏(写真右@広告より)指揮、日伊国交流150周年記念オーケストラ(30代までの若手日本人奏者と、イタリアで学ぶアカデミー生の混合)による演奏会を聴きました。曲目はヴェルディやボイトのオペラより。数年前(?)も、ムーティ氏の指揮で聴いたことがありましたが、今回はより深く、彼のものすごい集中力と瞬時の的確な判断力、魅力を知ることができたような気がします。客席が緊張することなく、ふと気づいたら集中して聴いてしまっていた・・・そんな感じでした。東京芸術劇場の大ホールがあれほど自然に静まりかえるとはflairオーケストラメンバーに対する厳しさは、リハーサルだけでなく、演奏会でも大変なものだと聞きましたが、客席に対してはとてもエレガント。また機会があればぜひ聴きたいと思います!

そして今日(29日!)はこれから小澤征爾氏(写真左@MCOFacebookより)指揮、水戸室内管弦楽団の演奏会へ。全く違う音楽に包まれてきますnotes

オーケストラの演奏を聴くと、音色のイメージ、音楽的な想像力がより豊かになる気がします。ピアニストから指揮者になる方も多くいますね。よく言われることですが、ピアニストはソロを弾く時も、指揮者のように全ての音を理解し、表現しなければならないと思います。理想ですが!dash

室内楽もとても勉強になりますshine来月「秋吉台の響き」にアシスタントピアニストとして参加させて頂くことになりました!楽しみすぎる~up

|

« 満員御礼<(_ _)> | トップページ | 新年度! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237558/64707786

この記事へのトラックバック一覧です: 近況等々・・・。:

« 満員御礼<(_ _)> | トップページ | 新年度! »