« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月25日 (日)

チラシ完成!

11月18日(金)、12月16日(金)、オールメンデルスゾーンプログラム♪お待ちしております!

001001_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

近況と、「聴く」ということ。

あっという間に九月ですね。今年ももう三分の二が過ぎたようです・・・sweat01



Img_4617



さて、8月27日から9月初めの数日間に、二度大阪へ参りました。ひとつはPTNAピアノステップ・泉北栂地区にてアドバイザーとミニトークコンサート。今年2月に伺った堺地区でもコンサートをさせて頂き、そこへいらしていた後藤寿美子先生に直接お声掛け頂きました。本当に幸せなことですnote



後藤先生はじめお世話になりました先生方、アドバイザーをご一緒させて頂きました先生方、ありがとうございましたconfident



参加された皆さんも、本当にお疲れさまでした!コンサートでは、季節的にドビュッシーの「花火」を選んでみましたが、楽しんで頂けましたら幸いですconfident



A201432903



(写真はバランスロックアートhttp://pokkekun.jp/blog-entry-896.htmlより拝借



最近指導において強く考えることは、バランス感覚についてです。メロディと伴奏とのバランス、テーマと第2テーマや複数のモチーフとのバランス。特に前者においては、普段の練習での意識が、本番で必ず大きく影響します。自分がどんな音で弾いているのか、どんな音が鳴っているのか、常に少し客観的に聴きながら弾く練習をしていると、慣れない場所、初めてのピアノでも無意識に対応できるようになります。



また、「聴く」といっても、色々な聴き方があります。多くの方が足りていないと感じるのは、鳴った瞬間の音と音の間の響きを聴けていないこと。音の行方です。ピアノという楽器においては、現実的・科学的な音量から言えば、どうしても衰退していきますが、音の行方を意識してから音を出す・打鍵することと、その響きの行方を演奏者がしっかりと聴いていれば、現実に衰退している音も、コントロールすることができるのです。それによって、音楽の流れは全く違うものに聴こえてきますclover



音と音の間を聴く、考えることは、小さな子供の時から意識できることです。講評に書きましたが、少しでも参考にして頂けましたら幸いですflair



二回目の大阪は、非公開オーディションの伴奏でした。結果はまだまだ先だそうです。



それから9月4日は、病欠の先生の代理で、カワイ表参道パウゼで行われた「ジョイフルアップステージ」にて、講評を書かせて頂きました。今年度から行われているもので、コンクール等のような合否や評価制度はなく、とにかく人前で弾いてみよう!という主旨だそうですupお世話になりました皆様に心より御礼申し上げますconfident



出演された皆さん、老若男女色々でしたが、本当に良く勉強されていて驚きました。特に、成人で参加されていた方々の演奏は、熱意に満ち、理知的でもあり、心から感動いたしました。ありがとうございました。ぜひぜひこれからも続けて頂きたいと願っておりますshine



E1110020988_1440_1280



空の雲は秋らしい形になったなぁと思うのですが、今日の残暑は厳しすぎますねsweat029月は今後演奏の本番はありません。10月からの本番の準備期間となります。曲数を数えるのも恐ろしいですが、しっかり頑張りたいと思います。Informationも更新いたしましたので、ご高覧頂けましたら幸いですconfident



11月12月のメンデルスゾーン公演、お申込み頂いております。ありがとうございます!多くの方に聴き比べを楽しんで頂きたいと願っております。お気軽にお問い合わせくださいませ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »