« チラシ完成! | トップページ | ミニコンサート終了! »

2016年10月26日 (水)

徒然のご報告(長文)

あっという間にもう10月も終わりへsweat02覚悟はしていましたが、想像以上にバタバタな一カ月。あともう少し続きますwave

前回記事を書いた9月6日、それ以降のご報告です(長文!)dash

今年の夏から、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)にて、演奏研究委員を務めさせていただくこととなりました。ご報告が大変遅れてしまい、申し訳ありませんsweat01その初会議が9月7日にありました。組織としてイベントを制作し、広報し、実践することをしっかりと学びたいと思っております。先生方、ご指導くださいますよう、どうかよろしくお願いいたします!

その翌日は、ダニエル・ハーディング指揮、N響のマーラー千人交響曲、また翌日はSDA48(ヴィオラ奏者須田祥子さん率いるヴィオラのみでのコンサート・夫が参加しました)を聴きに出かけました。どちらもそれぞれに大変興味深いもので、刺激をたくさんもらいました!

20161026_012511263_ios

9月17日から3日間は、ヤマハ・ミュージックリテイリング横浜主催「ピアノフェスタ・ファーストステージ」にて、松浦健先生と一緒にアドバイザーを務めました。ヤマハの音楽教室に通われている生徒さん達のための発表の場で、コンクール形式ではありませんが、選ばれた方々は、今月10月30日(日)に行われるセカンドステージへ出演されます。さすがヤマハと思わせる、きちんとした指導が垣間見られるレベルの高い演奏だったと思います。セカンドステージがとても楽しみですup

当日は私もゲストとしてミニトークコンサートをさせて頂きますnoteファーストステージは非公開でしたが、セカンドステージはどなたでも聴けるそうです!お時間ございましたらふらっといらしてくださいませshine

22日は大好きな友人の結婚式へ。その友人(新郎)が大号泣し、新婦(美女!)が大爆笑するという素敵な夫婦fuji末長い幸せを願ってやみませんcrown

20161026_011626880_ios

さて28日から2泊、プライベートで夫と京都へ小旅行に行って参りました。結婚してから初めての、楽器を持たない旅行。雨男と晴れ女ですので、ちょうど半分は大雨、半分は日差しが痛いほどの快晴で、楽しんで参りましたsunこの予定だけは、ずいぶん前から算段し、休みを取っておりました。お許しくださいませ・・・sweat01

そんなで10月へ突入。10月は冒頭に書きました通り激動となることはわかっておりました。それにしても、ひとつひとつの本番がタフ。

20161026_010908659_ios

8日~14日は、久石譲氏プレゼンツ「ミュージックフューチャーⅢ」のリハーサルと本番。私は、スティーブ・ライヒの、City Life(シティ・ライフ)という曲で、サンプラーと呼ばれる、いわゆるキーボードを担当させて頂きました。写真一番上が本番の相棒!ペダルは片づけられてしまっていますが、音量ペダル2本、サステインペダル2本の計4本ありましたsweat02しかも、楽譜はしっかり音符で書かれていますが、実際にキーボードを押すと「It's been a honeymoon!!」と叫んだり、ドアがバタンと閉まる音がしたり、つまり効果音が鳴り響くようになっていました。その音量のバランス、タイミング、すべてが曲の全体を支配しており、この上ないプレッシャーと難しさがあり必死でした。録音もされ、発売されるとか。

いつもとあまりに勝手が違うストレスなど、大変でしたが、終わってみると本当にさみしくて、またやりたいなと思いました。いやー楽しかったなぁflair(小学生みたいですが)大変貴重な体験となりました!写真右は同じくサンプラーとピアノ(グランドピアノ2台)を担当されたキーボード組。普段は皆さん大変優秀なピアニストとしてご活躍されている方々です。久石さんはじめ、紹介してくださった鈴木さん、すべての関係者様に心より御礼申し上げます!!confident

20161026_010728251_ios

そして22日は、小林仁先生の傘寿記念コンサート「小林仁ピアノの世界」に出演させて頂きました。大恩師である小林先生はなんと80歳。いつも生き生きとお元気であることが本当に嬉しいです!shine

私は、先生編曲のバッハ「2台のチェンバロのための協奏曲」を服部真由子さんと2台4手(写真一番上・リハ)、先生作曲の音のスケッチから「こわれたメリーゴーランド」(ソロ)、チャイコフスキー/ランガー:交響曲第5番第4楽章を、冨士素子さん、堤さお梨さん、高木早苗さんと2台8手(写真下・リハ)で演奏させて頂きました。私は小林先生が定年退官のときに同時に学部を卒業しましたので、最若輩者(!)、大先輩方の中で精一杯演奏しましたsweat01

小林先生のソロ演奏もありましたが、脱力の極み、演奏には自我といったものはほとんどなく、純粋に音楽を愛し、音や音色そのものを愛し、研究し続けている先生の姿勢とお気持ちが伝わってきました。こうでなくてはいけない。学生だったとき、毎週この音を聴くことのできた贅沢な時間を思い出し、初心に帰る気持ちになりましたbell

小林先生、おめでとうございます!!そしてご一緒させて頂きました先輩方、ありがとうございましたconfident

さてもうひとつ大切なご報告がございます。今年度10月1日付で、洗足学園音楽大学の非常勤講師として務めさせていただくこととなりました。2009年より同大学付属音楽教室に勤務しておりますが、ずっと、大学にも憧れのようなものをもっておりましたので、本当に嬉しく幸せに思っております。その新任の先生方を集めた懇親会が24日にありました。先生方皆様がとても親しみやすく、今後が楽しみですshine精一杯、務めます!!confident

25日は、横浜市立日吉南小学校へ。”NPO法人子どもに音楽を”主催のアウトリーチへ、ヴァイオリンの長原幸太さんと行って参りました。6年生に演奏を聴いてもらいましたが、なんと1学年で150人のマンモス校。体育館にはグランドピアノがないとのことで、音楽室にて2クラスずつ2度演奏をさせて頂きました。リハーサルをしていると、生徒たちが興味深々で覗いてくるので、話を聞くと5年生!私たちは聴けないんです・・・とのことでリハーサルは公開に。きらきらした目で一心にこちらを見ている子どもたちに感動しました。もちろん実際のクラスでも。純粋な気持ちをいつまでも忘れずにいたいなとしみじみと思いました。

メンデルスゾーンのヴァイオリンソナタ全楽章という、子どもたちには少し難しいプログラムだったかもしれませんが、静かに聴いてくれて、ありがとうございましたconfidentお世話になりました先生方、関係者の方々に感謝申し上げます!

長原さんのヴァイオリンは、やはりいつ聴いても安定感、知性、音色変化、色々なものが本当に素晴らしく、ほれぼれしますshine11月18日(金)、12月16日(金)、カルラホールにて同じ曲を演奏いたします!少しでも成長するように努力しなければdash

さて次の本番は30日のソロ!先に書きました、ヤマハ横浜店のピアノフェスタ・セカンドステージです。バッハ、ドビュッシー、ショパンから小品をイロイロ、中々盛りだくさんで演奏予定です(初挑戦の曲あり!sweat01)。みなとみらい小ホールへぜひいらしてくださいnotes

|

« チラシ完成! | トップページ | ミニコンサート終了! »

コンサート関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高田さんありがとうございます!そうですよね笑
そのうち一緒に栗友会の演奏会に行けたらと思っているのですがなかなか…

投稿: ふゆ | 2016年10月26日 (水) 14:01

そう言えば、亮君と一緒に居るところを見ていない気がします。(^_-)

投稿: 高田 | 2016年10月26日 (水) 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237558/68121275

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然のご報告(長文):

« チラシ完成! | トップページ | ミニコンサート終了! »