« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年4月19日 (水)

近況。

春爛漫cherryblossomここ数日初夏の陽気ですね!

なんと、1月19日以降更新していなかったことに愕然としております、草冬香です。ツイッターはもう少しだけ頻度は高いですが、それにしても近日はパソコンに向かえませんでした。本当に申し訳ございませんsweat02

ざぁっと超早足で振り返りますと・・・

1月29日小林仁先生門下生による傘寿祝賀の会@小林先生、本当におめでとうございます!お元気で嬉しい限りheart01当日は裏方に徹しました!ご協力くださいました皆々様にも心より御礼申し上げます。傘寿は黄色とのことで、髪に黄色の大リボンdiamond

Koba2017

1月30日 ヴィオラ大島亮氏(夫)と、中野雄氏の早稲田大学オープンキャンパス八丁堀校講座にて演奏@受講生の方々の変わらず素晴らしい集中力に圧倒されました。

2月4日 大阪にて、ヴィオラ細川泉さんNHK=FM「リサイタル・ノヴァ」収録@先日放送になりました!お聴きくださいました皆様、ありがとうございましたnote

2月28日 PTNA創立50周年記念祝賀会参加@大変な人数の立食パーティ。ピティナという組織の大きさを再認識sweat01

3月5日 PTNAピアノステップ喜多方でアドヴァイザー・ミニトークコンサート@ラヴェル:水の戯れ、ドビュッシー:水の反映/西風のみたもの、シューマン=リスト:献呈、ピティナコンペティション課題曲より抜粋shineお世話になりました先生方、ありがとうございました!喜多方ラーメン美味しかったですconfident

3月21日 アンドラーシュ・シフのリサイタルへ

3月24日 恩師:伊藤恵先生のリサイタルへ

4月3日 洗足学園音楽大学入学式へ参列

20170419_025424338_ios

4月4日 洗足学園教員説明会へ参加

4月11日 夫の大切な友人の結婚披露パーティーへ

合間に某オケの入団オーディションの伴奏が二本の他、生徒達のレッスン、リハーサルで埋まっておりました。2月は試験と受験シーズン。手帳は真っ黒です。

加えて、2009年から務めさせていただいている、洗足学園音楽大学付属音楽教室の体制が今年度から大きく変わることが2月終わりに発表され、生徒のご両親様や、新しく入室希望されていた生徒さん達と連絡を取り合い、相談に追われ、精神的にあまりにも余裕のないひとときでした。無事に落ち着いて新年度を迎えることができたのが奇跡のようですsweat01たくさんの方に支えられ、助けられました。皆様に心から感謝申し上げます。

それから、以前にもこのブログでご報告させて頂きましたが、今年度より、洗足学園音楽大学にて非常勤講師を務めさせて頂きます。力不足ではございますが、誠心誠意、努力して参ります。新入生とともに入学式に参列し、気持ちを新たにいたしましたshine

最近考えることが多くなったのは、生徒たちの今後のために私にできることは何なのか。今彼らは何を学ぶべきなのか、私は何をしてあげられるのか。答えはすんなりと出ませんが、私なりに、悩みながら、最大限の努力をしてゆきたいと思います。

相変わらず、生活の中で、やりたい事と、やらなければならない事のバランスをとるのは本当に難しいですが、ひとつひとつ、心を込めてこなしてゆきますclover

さて、大変久々の更新を読んでくださった皆様へ、動画のご案内をさせて頂きます。

昨年の小樽ヴィオラマスタークラスでのVeit Hertenstein氏とのピアソラ「ル・グラン・タンゴ」。この日は11人と異なる曲を連続で演奏し、その最後を飾りました。疲れがみられますが、彼の音色変化が素晴らしく、私にしては珍しく、楽しめた本番でした。その他の曲もご覧いただけます!↓

https://www.youtube.com/watch?v=Gu0-uVoeizk

もうひとつ、今年1月16日浜離宮朝日ホールにて、同じくヴィオラマスタークラスでのピアソラ「四季」(小早川麻美子編曲)の動画です。錚々たる面々とピアノひとりで弾いております↓楽しんで頂けましたら幸いですnotes

https://www.youtube.com/watch?v=Bddjg0YokiU

数日後には、下関から秋吉台のセミナーへ。5月はヴィオラスペース(名古屋、大阪、東京)。6月は大島亮ヴィオラリサイタル(芦屋・東京二公演)、7月は韓国の音楽祭へ。8月は川口リリアにてモーツァルトの協奏曲を!9月はバルトーク!と休む時間はありません。が、楽しみな本番ばかり!ガンバリマスup

皆様にお目にかかれますのを楽しみにしておりますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »