« 2017年4月 | トップページ

2017年6月26日 (月)

近況方々ご報告と御礼と今後の予定

なんと、今年も半分が終わろうとしています。梅雨の湿気も気分を少し憂鬱にしますが、雨の音は好きですrain



前回の更新から2カ月。怒涛の日々がようやくひと段落いたしましたdash



20170626_050201510_ios



まずは、4月23日から出かけた下関と、室内楽セミナー「秋吉台の響き」。下関では、夫のレッスンを見学したり、関門海峡を見て(写真右下)、海の底の歩道と県境に感動したり(右上)、少しゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。



秋吉台のセミナーでは、アシスタントピアニストとして9曲ほど担当、演奏会に出演。左上の写真は、鬼のスケジュール(9時から24時10分などなど・・・)と、ブラームスのピアノ四重奏曲を一緒に演奏したメンバーでの記念撮影!素晴らしいメンバーで、思いっきり弾くことができました。反省点はありましたが、とても楽しかった!shine来年も同時期、またアシスタントとして呼んで頂きました。大変勉強になる、有意義な時間を過ごさせて頂いております。全ての関係者の皆様に心より感謝申し上げますshine



20170626_050321257_ios



帰京して間もない5月6日、ピティナ演奏研究委員会主催「徹底研究シリーズ2017 クラウディオ・ソアレス氏 講義とマスタークラス」にて裏方のお手伝いを担当いたしました。関係者の皆様、大変お疲れ様でした!



ソアレス氏の講義はとてもわかりやすく実用的でした。私が普段から心がけていることと共通する事項もあり、まだまだ指導者としては年数も短く、勉強することばかりですが、ほんの少しだけ、自信をもちましたnotes



今年に入ってから、新しい生徒さんからのお申込みお問い合わせが増えております。私自身も、今後も一緒に成長していけるよう、頑張りたいと思いますup



20170530_174716067_ios



それから怒涛のヴィオラスペース期間へ。5月22日には名古屋へ、25日本番、30日東京公演、6月2日大阪公演、すべて無事に終了いたしました。出演者の皆々様、関係者各位、応援してくださいました全ての方々に感謝申し上げますconfident



20170604_003814325_ios_2



今回は曲数が多かった!です。せっかくなので、まとめて書いておきたいと思います(敬称略)。「ヴィオラ」スペースですが、出演者の中で一番出番の多い役回りでしたsweat01



<東京>ヴュータン:悲歌(Va.アントワン・タメスティ)、レフラー:4つの歌より「ひび割れた鐘」(Ms.波多野睦美、Va.タメスティ)、フランク:ヴィオラソナタ第1・2楽章(Va.今井信子)、武満徹:鳥が道に降りてきた、エネスコ:演奏会用小品(Va.鈴木康浩)



<名古屋・大阪>武満徹:鳥が道に降りてきた、フランク:ヴィオラソナタ第1・2楽章(Va.今井先生)、ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女、マザス:夢(Va.タメスティ)、アーン:独白とフォルラーヌ(Va.小峰航一)



今井先生とタメスティさんは師弟関係ですが、演奏の音色や呼吸、歌い回しなど、全く違います。そしてお二人とも言わずと知れた世界的名手。大変な集中力と切換えが必要でした。鈴木さんとは久々の共演、小峰さんとは初共演!



これまでの出演で、恐らく一番大きなプレッシャーを感じながら、でも温かいお客様のエネルギーのおかげで、自身の可能性を限界ぎりぎりのところまで引き出し、自分の表現したい音色や音楽を奏でる事ができたように思います。皆様に楽しんで頂けましたら幸せですshine



20170626_052743334_ios



写真上は名古屋公演。下は、千秋楽となる大阪公演の終演後。明るい表情がとても印象的です。今回は、関西公演も参加させて頂きましたので、今井先生とタメスティさんと長く一緒にいることができました。彼らの音楽への想いと計り知れないエネルギー、社会への考え方や感じ方、色々なお話を伺うことができました。私は本当に幸せ者です。いつもこの場所へ来ると、初心に帰ります。まだまだ修行が足りん・・・と。当然のことなのですがsweat02



来年は第4回東京国際ヴィオラコンクール。公式ピアニストを務めます。さらに精進いたします!



東京公演の一部動画がテレビマンユニオンチャンネルにて公開されております。ご高覧頂けましたら幸いです。



http://tvuch.com/social/281/



(ヴュータン:悲歌 Va.アントワン・タメスティ氏、Pf.草)



http://tvuch.com/social/280/



(フランク:ヴィオラソナタ Va.今井信子氏、Pf.草)



20170621_121756344_ios



6月12日と20日、芦屋と東京にて「大島亮ヴィオラリサイタル」無事に終演いたしました。大変お世話になりました小野ひとみ先生、関係者各位、そしてお集まりくださいました沢山のお客様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました!写真は東京公演終演後camera



ビーバーのパッサカリア(無伴奏)、ヴュータンのソナタ、ボウエンのソナタ、クラークのソナタと、ピアノパートもかなり存在感のある、大胆なプログラミングでした。前回のリサイタルはオールヒンデミットで、それもとてもハードでしたが、表現としては今回の方が難しかったように思います。それぞれの作曲家の特徴やロマンティシズムを、皆様に感じて頂けましたら嬉しいですshine



次回2月5日@芦屋アマックホール、2月12日@東京トッパンホールが決定しております。今度はどんなプログラムになるでしょうflair



20170626_050605794_ios



そして昨日25日、ピティナピアノステップ住吉地区のアドバイザーを務めました。写真はご一緒させていただいたアドバイザーの先生方。左から黒河好子先生、草、寺田ひろみ先生、丹内真由美先生、大変お世話になりまして、ありがとうございました!



今回は、事務局城東ポピュラーステーション記念すべき第一回開催だったそうです。そうとは思えない完璧な遂行ぶりに感激いたしました。代表の板崎早苗先生はじめ、スタッフを務めてくださった先生方、本当にお疲れさまでした。ありがとうございましたconfident



ステップ初参加!という初々しい子どもたちから、継続表彰を受ける大人の方まで、豊かな演奏に触れることができました。コメントに書ききれなかったこともありますが、わずかでも、今後の皆さんの演奏に役立つことができましたらとても嬉しいです。



さて、ようやく少しスケジュールが落ち着いたところで、次の譜読みと練習に追われます。



001



8月16日(水)14時より、川口リリア音楽ホールにて、東京交響楽団の皆様とモーツァルトのピアノ協奏曲第21番全楽章を演奏させて頂きます!今からワクワクしています。暑いさなかではございますが、ぜひお出かけくださいsun



20170621_093720838_ios



9月1日(金)19時五反田文化センター、8日(金)京都府民ホールアルティにて、バルトーク「2台ピアノと打楽器のためのソナタ」をメインとした演奏会を開催いたします。規模の大きさからか、演奏されることが大変稀となってしまった作品ですが、名曲中の名曲。バルトークのピアノ作品の中でも秀逸とされます。



昨年夏、毎年参加している韓国での音楽祭で、この曲の演奏を間近に聴き、かっこいい!やりたい!と急速に思い、なんと今年実現いたします。



スケジュール、チラシ詳細はぜひパソコン用ページの右横<Information>からご高覧ください!新しい挑戦・・・・・頑張ります。ぜひお誘い合わせの上、ご来聴くださいませshine



また皆様にお会いできるのを楽しみにしております!



長文をお読みくださり、誠にありがとうございましたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ